フレットすり合わせ ESP THROBBER

ESP THROBBERのフレットすり合わせのご依頼。
特に1〜3弦の当たる部分が全体的に凹んでいます。

凹んだ部分がなくなるまで、削り込むしかありません。
どうしてもフレットが低くはなってしまいますから、しっかりと整形してあげることが必須です。
中途半端な仕上げで台形なフレットになっては、ピッチも立ち上がりも悪いですから。

一本一本形を整えながら削って、磨くとこの通り新品のような仕上がりになります。
音づまりなどお困りでしたら、ぜひご相談ください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です