フレット交換 Orville Les Paul

夏頃からしばらくフレット交換の依頼が非常に多くなってきました。
フレット交換ばかりしています。

今回はOrville レスポール 四国のお客様は初めてですね。
初めて買ったギターとのことで、かなり長いこと弾いて来られたのでしょう。
フレットが減っているなど状態がよくないため、交換いたします。

フレットを抜いたあと、浮いてしまっているインレイを再接着します。
ここまで浮いていれば、引っ掛ければ簡単に外れます。

それほど指板調整は必要がなかったので、堀足す必要もなくインレイを再接着します。
フレットは最近のGibsonにも打ってあるような幅の細くて背の高い Jescar

丁寧にフレットエッジを仕上げて、フレットのすり合わせ。
ナットも新しくオイルボーンで製作。

割れていたエスカッションを交換して、セットアップ。

「弾き心地がすごく良くなっていてびっくりしました。交換後とかが全くなく、まるでよく調整された新品のようです。」

との嬉しいお言葉を頂きました。
ありがとうございました。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です