スキャロップド加工&フレット交換 Fender Japan ST

今回ご依頼頂いたのはスキャロップド加工
FenderJapanの赤ラメのボディにFenderのリプレイスメントネックを取り付けしたものになります。

一緒にフレットの交換も行うことになりました。
まずはフレットを抜いてジャンボフレットに交換します。

ステンレスばかりだったので、ニッケルシルバーのフレット交換はとてもサクサク進みます。

つづいて、非常に手のかかるスキャロップド加工です。

フレット間を1ミリほど均一に彫り込みます。指板Rに合うように形状を確認しながら進めます。
(よくあるのが、ポジションマークの所がうまく削れていなくて形状を崩れているのをよく見ます。)

今回からちょっとやり方をかえて見たことで、今までよりも格段に楽に早く作業することができました。
形状も安定して削ることができるので、今後はスピーディにこなせそうです。

メイプル指板のため、塗装を行います。
ほとんどクリアが焼けていないので、色合わせもほぼいらずクリアで仕上げます。

すり合わせを行い、ナットを製作は牛骨です。

ジャンボフレットとスキャロップド指板完了しました。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です