HIPSHOT ベーストレモロ取り付け

今回はベースにトレモロブリッジを取り付け。
HIPSHOT BASS TREMOLO

こういう改造はあんまりやれる機会もないし、貴重な経験ですし何より楽しい。
ケーラーのベーストレモロはいじったことがあるけど、HIPSHOTのものは初めて。

HIPSHOTのスタットのタイプのギタートレモロと構造は全く同じようですね。
レフティ兼用になっているため、トレモロブロックの幅が大きく貫通ザグリが必要。
今回のベースは特にボディが小さいのでザグリは最小限にしたいところですが。

パーツを採寸して、ザグリのジグを作成。
HIPSHOTのトレモロは特徴的な形状でさらに左右で違うんですが、
スタットの位置を左右同じにすると1弦側が少し下がって傾いてしまうので注意ですよ。

位置を何度も確認し、スタット穴、ザグリ加工。
アーミングの可動域も確認して組み込み完了。

ナット溝なども調整してチューニングも安定するようにセットアップ。
しばし遊ばせて頂きました。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です