GOTOH HAP M取り付け Fender Telecaster

GOTOH のロック式ペグHAP取り付けのご依頼です。
(友人にもらったとか)

また、ロトマチックタイプからクルーソンタイプのペグに交換という、ちょっと定番ぽいリペアです。

この手の交換はペグ穴がクルーソンタイプの標準のブッシュの径が小さく合わないため、手間をかければ埋めて空け直しですが、便利なコンバージョンブッシュを使います。

ペグがそれぞれ独立している3:3のものはこれで良いのですが、
今回のような6連タイプは文字通り連なってます。

ペグ同士の間隔が適正でないと取り付けビスが留められなません。
今回は元の間隔が広くそのままでは取り付けできない。そこで大きめのコンバージョンブッシュを使ってギリギリを狙って間隔を調整しました。

コンマ単位で微調整したジグをつくり、ブッシュ穴を空けました。
こんなときにサクッと作れるCNCがありがたい。

間隔が狭まりネジでしっかり留められました。
ナットからの弦の通りも問題ありません。

H.A.Pなのでポストの高さも調整しています。
ルックスもビンテージタイプになり、元のロトマチックペグからペグ1.5個分くらい軽くなりました。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    ナット交換 YAMAHA S-11