ブリッジ交換 EDWARDS E-SN7-210TO

今回はブリッジ交換です。

こちらは以前、フレット交換をしたギターです。
載せるのはもちろん、ESP FLICKER-III 7String

私がESPにいたときにはまだなかったパーツです。これは・・・お高い。

ESP FLICKER-IIIの6弦はシンクロナイズド・トレモロに無加工で取り付けられますが、
7弦ブリッジは基準的なものがないからか、こちらもポン付けとはいきませんでした。

ブリッジは後回しで、まずはバッテリーボックスの加工を。

FISHMAN の Universal Rechargeable Battery Packを取り付ける。
お客様からの要望で元のバッテリーボックスの落とし込み加工を行い、裏パネルを作成。
これで、元のバッテリーボックスも取り付け可能です。

このUSBもそのうちタイプCになるのかな? いや”Qi”に対応してワイヤレス充電ということも・・・

ネジ穴は全くピッチ合わないので、とりあえず全部埋めました。
貫通ザグリもアーム側が当たるので、ちょっとザグリを広げてます。

自作CNCも好調なので無駄にジグを作成し、精度良く取り付け。

これにて、アップグレードとクロームパーツ化が完了です。
ありがとうございました。

フォローお願いします!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です