ブリッジとピックアップ交換 FGN NTL21RAH

ブログは書けるときに書きだめしていますので、リアルタイム性が全くありません。記録になればと。

随時更新しているのはInstagramですので、よければ見てください。

今回改造を行うのはなんと、昨年末に当店で新品購入していただいたギター、FGN NTL21RAH。開店間もないときから通ってくれているお客様の一人です。

フロントハムバッカー、リアはテレキャスシングル。ブリッジはヴィンテージタイプのGOTOH BS-TC1。

改造はブリッジはフラットなプレートで6Wayに交換。そしてピックアップをシングルサイズのハムバッカーに交換します。以前にもこれと全く同じ改造を同じお客様のFGNのテレキャスターに行いました。

テレキャスターのブリッジの両サイドの折返しがピッキングの邪魔になる方は、このようなフラットなタイプやヴィンテージ風の見た目ながらピッキング時に当たる部分だけカットされたものなど交換してみるのもおすすめです。

テレキャスターのピックアップ交換は、他と違ってちょっと注意が必要。

通常のフロントピックアップはカバーのアースとつながっているし、リアピックアップは裏のプレートとつながっている。だから位相が合わなかったりすると、ピックアップをちょっといじる必要があったりする。

あとリアピックアップのプレートは、ブリッジを介して弦をアースに落としているからここも注意。

そして今回交換するピックアップもやはり裏にプレートはない。このままではブリッジのアースが取れないから別にアースにつなげる必要があるわけです。リプレイスメントピックアップはビンテージタイプ以外は結構ついてないから、よくリアピックアップ自分で交換してからノイズがすごいなんて相談を受けます。で見てみると大抵「あ〜ブリッジがアースに繋がってないね」って。

ブリッジからコントロールキャビティに向かってロングドリルで配線穴を開けてアース線をネジの近くでしっかりプレートで挟み込むようにします。ピックアップのネジが錆びやすいからテレキャスも繋げといてくれると良いとは思うのですが。

ピックアップの配線を行い、いつものようにセットアップ。ブリッジサドルから飛び出したイモネジは削ります。

毎度ありがとうございます。

フォローお願いします!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    フレット交換 PRS McCarty

    次の記事

    ウクレレチューナー交換