ヒールカット加工 Fender/JP ST

ストラトのネックジョイントの角を削り、ハイポジションの運指を楽になるよう加工します。

プレートはFenderのカットされたプレートを使いました。この形に合わせてボディを削りました。

まずネジ穴を埋めてから、削ります。グリップを確認しながら削り落としなめらかに整形します。

今回は塗装や着色はなしなので、これで完成です。カスタム感があってこれはこれで良い。手の小さい方など、ちょっと加工してみるのもありかもしれません。

    ヒールカット加工 Fender/JP ST” に対して2件のコメントがあります。

    1. 新井 より:

      この作業って、工賃いくらでも可能ですか?

      1. Miura Ryo より:

        申し訳ございません。
        個別の案件についてはお答え致しかねます。

        もしお見積りご希望のギターがあれば、お問い合わせフォームよりお願いいたします。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です