フレットすり合わせ Fender Telecaster

フレットのすり減りにより、ローフレットに音づまりがあります。

ビンテージスタイルの細いフレットなので、あんまり減っているとすり合わせは厳しいです。最低限で済むようきちんと見極めながら作業していきます。

削ることで頂点が平らになりますので、1本づつ形を整えます。磨くことで高さは低くはなりましたが新品のような仕上がりになります。

また、一緒にご依頼されていたネックの仕込み角の調整。

加工前は1弦のブリッジのサドルがプレートにくっついています。ネックシムではなく、ネックポケットの底面を斜めに削りブリッジ部分で1mm高くなるように調整を行いました。

フォローお願いします!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です