パーツ交換 ブリッジ&ペグ Scheter

SCHECTERのストラトキャスターのブリッジとベグの交換をしました。

元はビンテージスタイル、6支点のシンクロナイズドトレモロとクルーソンペグ。

載せ替えるパーツは2支点のGotoh 510TS–FE1 と 同じくGotoh ロック式ペグ SG381 MG-T。パーツカラーはクロームに変更します。

まずはブリッジです。ブリッジを外してみると、ザグリに対して随分と斜めに取り付けてあったことがわかります。それに合わせてピックガードも削られているようです。ザグリの塗装欠けも斜めに取り付けてあったことのせいでしょう。

ネジ穴を埋めて、新たにスタット穴を開けて取り付け。

このままピックガードに合わせて取り付けると、交換予定があるピックガードにも合わないので無視してまっすぐ取り付けしました。

作業したときの写真はありませんが、裏からペグ穴を広げ取り付けいたしました。非常に信頼性もあり扱い安いペグです。

配線もちょっと変更します。変更前は1ヴォリューム、ハイカット、ローカット(コイルスプリットスイッチ)。

ローカットは使わないそうで、ローカット位置にトーンを移動。

元のハイカット位置にミニスイッチでリアダイレクトスイッチ。ポット穴がミニスイッチには合わないので、ピックガード材でフランジカラーを作って取り付けました。

トレモロの調整を行い完成。ロック式ペグのおかげもあり、非常にチューニングもとても安定しています。

カスタマイズのお見積り、ご相談はこちらよりお願いいたします。

フォローお願いします!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です