ステンレスフレットに交換 PRS McCarty

PRS McCary のフレット交換を行いました。なんだかPRSのフレット交換のご依頼って多いですね。

同等サイズのステンレスフレットに交換します。今回はすり減ったわけではなく、カスタマイズですね。

ローズネックのしっかりとしたネックで、ネックの状態も良好でしたので指板調整もほぼ必要なくサクサク進みます。

今回は最近作ったフレットタングファイリングジグを使います。フレットタングニッパーなる専用工具でフレットタングをカットするのですが、ちょっと残ります。このちょっとを削るのが結構面倒で平行にヤスリを当てるのも難しい。しかもステンレスとなると削れにくいという苦行。

これはベアリングでヤスリを安定させてくれて、削るレベルも調整できます。削るときに気を使うところが少なく、作業スピードがアップし、仕上がりも安定します。

海外サイトを見ていたときにこれと似たようなものを見つけて、作って見ましたがなかなか良い。単純なので簡単に作れます。

フレットの下準備が終われば打ち込んで行きます。隙間なく一本一本確認しながら進めて行きます。

そしてフレットのすり合わせ。最終工程なので、ここで見逃さないようにしっかり精度をあげて行きます。そしてバフ掛けを行い完成です。↓↓↓

ステンレス特有のツルツルのフレットです。

ナットはもとが比較的高めだったことと、フレットサイズが同じだったため元に戻して調整。

フレット交換を検討中でしたら、ぜひお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

フォローお願いします!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です