ネックグリップベタつき Martin D-28

Martin D-28のネックグリップのラッカー塗装が変質して、ベトつくためグリップのリフィニッシュを行いました。

全体的に塗装が柔らかくベタベタと指にくっつく感じがします。写真のように塗装が剥がれているようところもあります。このギターはボディトップも塗装クラックが全体的にあり、肘が当たるあたりも少しベタつきが出てきていました。今回はグリップのみリペアします。

まずは、べとついている塗装を剥がします。柔らかくヤスリが目詰まりしやすいので、スクレーパーで大まかに取り除いてからヤスリがけをしました。

結局下地まで剥がして、再塗装を行いました。

無事サラッとした本来の手触りが戻りました。

フォローお願いします!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です