ブリッジ剥がれ Crews SM-GUT

なかなかショッキング

Crews SM-GUT です。セミホロウボディのエレキギターの仕様ながらナイロン弦、ピエゾピックアップのギターです。

そんなギターですが、ブリッジが剥がれてしまったそうです。しかも、出張から帰ってきたらこのあり様だそうで、驚いたそうです。

ブリッジ裏を見ると塗装と一緒に剥がれている事がわかります。トップコートの上からブリッジを接着している様です。

この状態だと、ブリッジと塗装は接着剤でしっかり接着しますが、肝心のボディとは塗装だけでついている事になります。

それでもナイロン弦なら剥がれる事はなかったかもしれませんが、この個体はボディがトップに向かって反ってしまっていたので、その合わせ技で剥がれてしまったというとでしょう。

ブリッジとボディをしっかりと接着するために、ボディトップの塗装を剥がします。また、ボディも反っているので面も確保してあげます。塗装分、落とし込みの様になります。

接着

面で密着する様になったらしっかりと接着。今回はサドル紛失という事で、新たに作成しました。

修理完了

修理のご依頼、ご相談お問い合わせお待ちしてます。

ホームページの更新はあっという間に1カ月放置してしまいました。画像を見返しながら、少しずつ更新していきます。最新は今まで通りInstagramなどを見てください。

フォローお願いします!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です