指板サイド打痕 欠け修理

指板サイドをぶつけたことによる欠けの修理です。同様の修理は結構あるので、倒してしまったりしたときによく起こるのでしょうか。

今回のギターは中古で買った際にはすでになっていたそうです。

フレットも飛び出ていてなかなか大きな欠損。

このままでは引っかかりますし、痛いので補修していきます。

欠損部のフレットを抜いて、割れ部分を思い切って削り別の木を接着。

ローズウッドの色が結構抜けてて、中は紫っぽいけど外は茶。あんまりなじまないかなと思ったのですが、削ると以外と馴染みました。サイドから見るとちょっと他より濃いのでわかりますが。

フレットを戻して、塗装の補修も軽くして完成です。

フォローお願いします!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    フレット整形 Gibson Les Paul

    次の記事

    ブリッジ剥がれ Crews SM-GUT