塗装修理 Gibson J-45

お問い合わせ頂いた際は、汚れを取ろうとZIPPOオイルでボディ拭いたと伺っていたので、どうなっているかと心配していました。

ご来店頂いて確認すると、曇って艶がなくなっているものの軽度でしたので安心しました。磨けば問題はないでしょうと。ラッカーは気をつけてくださいねえ。

と、ついでにお願いされてしまったヘッドの打痕修理。6弦側のヘットトップの角に数箇所打痕がありました。かなり小さな打痕です。あんまり打痕くらいなら修理などせず使って頂きたいなぁなんて思いますが、黒い部分でありあまり目立ちませんのでお預かりしました。

エルボー部分のくすみはバフかけで無事元通りになりました。

ヘッド部分の打痕は着色とラッカーを盛って磨いて仕上げ。よーくみれば修正もわかりますが、ほぼわからないくらいになりました。

傷や打痕は使っていれば少なからずついて行くので、それもそのギターの歴史として使い倒して行きましょう。

まあでも、最初の打痕やキズの精神的ダメージは非常にわかります。

自分のアコギを出勤前にハードケースの金具にぶつけた日は、工場でギターなんか作ってられる心境ではありませんでしたね。その頃は何もできなかったので、今でもそのキズはそのままです。

フォローお願いします!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です