フレット部分打ち替え Taylor 412ce

アコギのローフレットの凹みのため、フレットの部分打ち替えを行いました。

札幌にいたときにもこのギターは一度弦アースの取り付けを行うためにお預かりしていますが、あれからも随分弾き込まれていることがわかります。

弾き語りの方など特に消耗するローフレット。このまますり合わせでは、フレットの高さがなくなってしまいますのでローフレットだけ交換を行います。

全く同じフレットも意外とないため、できるだけ近いサイズのフレットに交換しすり合わせで合わせます。

元のTUSQのナットも溝が低くなっているので、交換のご依頼。今回は無漂白の牛骨で製作。

すぐに使用予定もあるようでしたので、パーツが揃ったらすぐに仕上げました。

アコギのフレットの部分打ち替えは最近非常に多いご依頼です。もしご自身のギターで気になることがあればお見積りだけでもご相談くださいませ。

フォローお願いします!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です