セルバインディング剥がれ Martin J-40

今回はアコギのセルバインディング剥がれの修理です。Martin J-40

セルロイドでできたバインディングは経年変化で収縮してしまい、その張力でボディくびれあたりが浮くように剥がれる事が多く、結構多い修理となっています。

今回バックの1弦側のバインディングの剥がれでお預かりしましたが、逆サイドやトップのバインディングも剥がれていたためまとめて修理となりました。

トップ面はかなり軽度でしたので、そのまま接着を行いました。

バック面はそのまま圧着ではすぐに剥がれてしまいますので、一度継ぎ目まで剥がし接着を行います。

接着剤をつけテープで固定していきます。

今回塗装の補修はなしなので、接着後整え軽く磨いて完了です。バックの継ぎ目の短くなった分は継ぎ足し、トップコートを吹いてます。

フォローお願いします!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です