ウクレレブレーシング剥がれ修理

ウクレレのブレーシング剥がれ修理です。

弦を弾いたときに、ビビりがあります。

チェックしていくと、ところどころブレーシングが剥がれています。

バックブレーシングは2本ともほとんどく剥がれていました。

接着と行きたいですが、ウクレレはサウンドホールが小さくて、指しか入りません。

作業がかなりしにくいことと、クランプが悩みどころです。

一本づつジグを作って接着を試みます。

まずは比較的近いネック側のバックブレーシング。

両サイドが浮いていましたので、力がかかるようにジグを作ってクランプしました。

次がエンド側のバックブレーシング。

指も全く届かない。

アクションカメラを突っ込んで観察しながら、クランプ用にジグを作りました。

それが↑の変な形のもの。何度か切り出してようやくいい塩梅のができました。

絶妙なしなり具合でブレーシングを圧着します。

画像はありませんが、接着剤を塗るのもカメラの映像をみながら必死

はみ出た接着剤を拭き取るのも同じく。

ようやくクランプして、カメラは取り出せずそのままバッテリ切れに。

あとトップも一箇所、ホールに近いところを接着しました。

これでビビりもなくなり一度納品しましたが、

またしばらくして戻って来てしまいました。

トップのブリッジ付近のブレーシングも剥がれてきてるようです。

また難所でしたが、再接着しようやく完成です。

ウクレレ、なかなか強敵でした。

修理の見積もり、ご相談随時お待ちしております。

フォローお願いします!