サスティナー取り付け

加工前のギター

今回はサスティナーの取り付けです。

新品のパーツではなく、すでに取り付けてあるギターからパーツを取り移植して行きます。

そのギターがこちら↓↓

こちらからサーキット類はまるっと載せ替え
大きな裏パネル、バッテリーボックスもあります。
パーツを取り除きました。

パーツを取られたギターはそのままで良いそうなので、空っぽになってしまいました。

コントロール位置は大体指定してもらってます。
加工前のザグリです。

サスティナーを取り付けるにあたり、ミニスイッチの2個ついた基盤を入れるザグリ、ポットも一つ増やします。

お客様には、大きめにザクってもらって構わないと言われていますが、やはりできるだけコンパクトに収めたいと思います。

元のバッテリーボックスも無視して、大きくザグリを入れることもできますが・・・

パーツサイズを入念に測り、作戦を立てて行きます。

まずは基盤のザグリを入れました。

基板サイズぴったりなジグを作成。

バッテリーの下に基盤を収めてしまいます。基盤についているトリムポットが、バッテリーにかぶらないギリギリを狙いました。

絶妙でしたが、うまくいきました。これで完成が見えました。

お次は上の写真のマッキーの☓印の位置にポットが付きます。

ポットは裏パネルの形も意識しつつ、コントロールの位置も意識した絶妙な位置。

裏パネルも落とし込んで起きます。これでザグリは完成!

エッジを仕上げ、生地部分もコーティング。

写真ではわかりにくいですが、落とし込みザグリのエッジも面取りして磨きました。

元ザグリとなめらかにつながっていますよ。

裏パネルのジグを作ります。
配線完了。

配線はほぼそのままでピックアップもコネクターなので、ほぼポン付け。

新しい裏パネル取り付け。
サスティナー取り付け完了

とてもスマートに増設できたので、記事にしてみました。

そういえば、FERNANDESサスティナーの新型が発売されたそうですね。気になります。

どなたか載せませんか?笑

こんな改造できるの?など見積もりだけでもぜひご相談ください。

難解なものほど、改造はやりがいがあります。

お問い合わせはこちら

フォローお願いします!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です