John Lennon Les Paul Jr.風改造

今回はカスタマイズです。

1ピックアップのギターにフロントピックアップのザグリを増設。トグルスイッチのザグリも追加します。ブリッジもバータイプのものから、T.O.Mとテイルピースに変更します。

目指すのは、ジョンレノンのカスタムされたLes Paul Junior

加工前です。

また、今回はお客様が自身でカスタマイズするお手伝いという感じです。見ての通りすでに塗装が剥がされており、こちらで木工加工を終えたら、オーナー様が塗装をして仕上げる予定です。なので、完成品は拝めません。

フロントピックアップ

チャーリー・クリスチャンタイプのピックアップ

フロントに載せるピックアップは、このモデルの特徴とも言えるチャーリー・クリスチャンピックアップ。バーポールピースのちょっと大きめなシングルコイルピックアップです。本家は、アーチドトップ用のピックアップを使っているようです。今回持ち込みのピックアップはテレキャスタータイプ。

ピックガードにぶら下げてマウントするタイプですね。できれば、ザグリは隙間なくしたいとのご希望。

採寸して製図

ザグリはどうするか考えながら、ピックアップをまずは採寸して図面を作ります。

無駄に3Dにしてみた

本家も意識しつつ、ボディバックからピックアップを止めるようにザグリました。裏パネルの大きさはちょっと大きめにしてみました。

フロントピックアップザグリ、ボディバックまで貫通してます。
ピックアップザグリ裏

トグルスイッチの位置は、レスポールの位置より少しずれた位置に開けます。このギターはLes Paul Juniorのボディ形状のちょっと変形なので、参考程度に写真を拡大して合わせました。

トグルスイッチのザグリ
配線穴を開けるロングドリル
ピックアップ取り付け

ピックガードも加工したら、ピックアップも早速取り付けてみました。結構いい感じです。

ブリッジ取り付け穴加工

配線穴を開けます。フロントピックアップまで届く長いドリルを使い、フロントピックアップザグリとコントロールを直接つなげます。狙い通りの位置に貫通。柔らかめのきなので、苦はありませんでした。

ブリッジの穴を埋めました。

ブリッジはジョンレノンのものも埋めたあとが確認できます。

ドリルは都度用意しています。

ブリッジに合わせて、鉄工ドリルを木工様に加工します。まだ開業2ヶ月。使っていないドリルは研げていません。都度加工する感じです。

弦アースを通す穴も忘れず開けておきます。

ブリッジの位置は精度が求められます。センターやオクターブチューニングの合う位置に正確に開けます。弦アースの穴も忘れずに開けておきます。オーナー様が弦アースを入れ忘れてスタットを打たないことを切に願います。

完成!

改造のお手伝いも大歓迎です。自分でできなそうなところだけ加工してもらいたいなど、ご相談くださいませ。

お問い合わせはこちら

フォローお願いします!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です