楽器をお預りしたらキレイに

オーバーホールと配線の修理でお預りしたベース。見ての通り汚れがびっちりと付着し、全体的にくすんでいます。

メッキパーツもくすんでしまっています。

お預りしましたので、しっかりクリーニングもさせて頂きました。

指板もこの通り汚れがびっしり固着。
フレットも腐食しています。

まずは指板とフレットのクリーニング。

拭いても取れないときは、削り落としてから拭きあげます。指板の汚れって頑固で取るの大変です。

弦を外したときとかに、お手入れしてほしいですね。

フレットも磨いて、指板もスッキリ。

お次はボディ周り。

私は特別なものは特に使ってはいませんが、ギター用のポリッシュでひたすら磨いてます。

お預りすると、やっぱりきれいにしてからお返ししたいのでクリーニングに結構時間取られちゃいます。

だからはじめからキレイな楽器をお預りすると、すぐ仕事に入れて得した気分です。

サービスなので、バラシは最低限。
きれいになると気持ちいい
ブリッジは入り組んでいるので、ホコリもたまります。

MUSICMANはメッキパーツがくすんでても、拭くだけで本当にキレイになります。だから、一番やりがいがあるんですよね。

もちろん研磨剤とかは使いませんよ。

メッキが厚いんでしょうかね。Gotohのパーツとかは曇るとそんなにキレイにならないきがします。

完成!クリーニングが。

ボディもパーツもピカピカです。

お預りしたら、なんでもかんでもピカピカにするわけじゃありませんので、ご安心を。

よし、リペアはじめます。メインは調整と配線直しです。

次の記事へ

フォローお願いします!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です